わきがや加齢臭など体臭を改善したいんだけどどうすればいいの?

脇の下の臭いを嗅ぐ女性

 

わきがや加齢臭、足の臭いなどのために「臭い」と言われてしまい、傷ついた経験のある人は結構いるのではないでしょうか。

 

何とか体臭を改善したいと思っていても、どうやったらいいのか分からないという人もいるでしょう。

 

ここでは、少しでも体臭を改善するためには何をしたらいいのかについて、簡単に説明していきます。

 

「体臭の原因」汗そのものは無臭

体臭が強い人は汗かきというイメージが強いでしょうが、ここで誤解を解いておくと、汗そのものには臭いの原因となるような成分はほとんど含まれていないのです。

 

これを証明しているのが、サウナルームにほとんど臭いがないことです。

 

サウナルームは汗をかきやすくするために、場合によっては100度近い気温になっており、室内の湿度が低いことも相俟って、汗が蒸発しやすくなっています。

 

もし、汗そのものに臭いの原因となるような成分が大量に含まれていれば、サウナルームの中にその成分が充満してしまうことになるでしょう。

 

結果としてサウナルーム内の臭いは凄まじいことになるでしょうし、そもそもサウナルーム自体が成り立たなくなってしまうでしょう。

 

しかし、実際のところはサウナルーム内の臭いはそれほどでもなく、多くの人が普通に使用しています。汗には臭いの成分が含まれていないため、充満のしようがないからです。

 

臭いの原因は違うところにある

でも、汗をかいた衣服をそのままにしておくと臭くなってくるのは、臭いの成分があるからではないのかと思っている人もいるでしょう。

 

実はあの臭いは汗そのものの臭いではないのです。汗によって繁殖する細菌の分泌物の臭いなのです。衣服には汗だけでなく皮脂や角質、皮膚の表面に住んでいる細菌なども一緒に付着します。

 

この細菌が衣服で繁殖し、臭いを発するというわけです。

 

実際、汗をかいた直後に衣服の臭いをかいでも、全くといっていいほど臭いはしません。

 

汗をかいた直後だと、まだ細菌が繁殖しておらず、臭いの原因である物質も分泌されていないからです。

 

また、加齢臭のようにそもそも汗が原因ではない体臭もあります。加齢臭の原因は体内の脂肪分からできる「ノナネール」という物質で、加齢によって新陳代謝が衰えてしまうことなどが原因で生成されるようになるのです。

 

対策その1・汗を止める

汗そのものに臭いの成分が含まれていないとはいえ、細菌が繁殖する原因のひとつになっている以上、汗を止めてしまうことは体臭を改善させることにつながります。市販の制汗剤を使用して汗を抑えれば、細菌が繁殖しにくくなり、臭いも抑えられるというわけです。

 

具体的には、制汗剤に含まれている塩化アルミニウムによって汗の出口を塞いでしまうのです。

 

かなり乱暴な方法といっていいでしょう。このため、汗を分泌しても出口が塞がれていますので、汗腺に汗がたまって水ぶくれのようになってしまうことがあるのです。

 

また、汗の成分と塩化アルミニウムが反応して塩酸を生成してしまい、肌がかぶれてしまうこともあるのです。

 

制汗剤による対策は、あくまでも一時しのぎと考えた方がいいでしょう。

 

対策その2・適度に体を洗う

体を適度に洗うのは、皮膚に付着している皮脂や角質を落とすことで、細菌の栄養分を減らしてしまうことを主眼としています。

 

汗の大部分はエクリン腺から分泌されるものですが、この汗は基本的に水と塩分以外には含まれていませんので、皮脂や角質がなければ栄養分となるものはなくなってしまいます。

 

最近の栄養分となるものがなければ繁殖は抑えられ、臭いが減少するというわけです。

 

ただ、何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」で、洗いすぎも問題なのです。必要以上に体を洗うと、皮膚にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうことになり、肌の乾燥の原因になるからです。

 

肌が乾燥すれば皮膚を守るために皮脂の分泌が増加してしまい、かえって臭いの原因が増えてしまう結果になるのです。

 

きれい好きはいいことですが、くれぐれも洗いすぎにならないように注意しましょう。

 

対策その3・食生活に気を付ける

気を付けてほしいのは、脂肪分を摂取しすぎないことです。脂肪分を過剰摂取することで、皮脂の分泌量が増えてしまいます。

 

これは、体臭の原因である細菌が繁殖しやすくなることを意味しています。細菌の栄養分を減らすためには皮脂の分泌量を減らす必要があり、そのためにも脂肪分自体の摂取を減らすことが重要になってくるというわけです。

 

また、加齢臭については上にも書きましたように、脂肪分そのものが臭いの原因なのです。脂肪分の摂取量を減らせばノナネールの生成量も減少し、加齢臭が減るのです。

 

体臭の中には重度のわきがのように、外科的治療が必要になってくるケースもありますが、基本的には生活習慣を改善することで臭いの抑制につながるケースが大半です。

 

もし周りから「臭い」と言われてしまったら、自分の生活習慣が体臭を生じやすいものになっていないかどうか見直した方がいいかもしれませんね。

 

わきがクリーム一押しランキング!おすすめ6商品を大公開!