わきがや皮脂汗臭など汗の臭いはなぜ生じるのか?

脇の下の臭いを嗅ぐ女性

 

気温が高くなってくると、気になってくるのが汗とその匂いです。

 

特に匂いは、人と会うときに臭いと思われてしまわないかという心配の種になってしまいます。あの汗の匂いというのは、なぜ発生してしまうのでしょうか。

 

そのメカニズムと対策について説明していきましょう。

 

汗そのものには匂いの成分はない

まず知っておいてほしいことがあります。「汗には匂いの成分が含まれていない」ということです。

 

汗を分泌する汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。エクリン腺から分泌される汗の成分の大半は水分と塩分で、乾いても匂いの原因となりそうなものは含まれていません。

 

アポクリン腺から分泌される汗には脂肪分やタンパク質などが含まれていますが、これらも匂いの原因にはなりそうにありません。

 

実際、汗をかいた直後に匂いをかいでみれば分かりますが、無臭です。

 

これを証明しているのが、サウナルームです。サウナルームは汗をかきやすくするために、100度近い高温に設定されており、湿度も極めて低くなっています。

 

つまり、汗をかくと蒸発してしまいやすいということです。もし汗に匂いの原因となるような成分が含まれているのでしたら、サウナルーム内にその成分が充満してしまい、室内の匂いがとんでもないことになってしまうでしょう。

 

というか、サウナルームという施設そのものが成り立たなくなってしまいかねません。

 

しかし、実際にはサウナルーム内部の匂いはそれほどではありません。

 

汗に匂いの原因となるような物質が含まれていないため、匂いの充満しようがないからなのです。

 

汗の匂いの原因は細菌の分泌物

「でも、汗が付着した服を乾かすと匂いがする。あれは汗に匂いの原因となるような成分が含まれているからではないのか」と反論する人もいるでしょう。

 

実をいうと、汗が付着した服を乾かすと匂ってしまうのは、別の理由があるのです。

 

人間の皮膚の表面には、いろいろな細菌が住んでいます。また、古くなった皮膚からなる角質があります。

 

角質は汗をかくことによってはがれてしまいますが、角質は古くなったとはいえもともとは皮膚だったわけですから、タンパク質などを豊富に含んでいます。これが細菌の栄養分になってしまうのです。

 

また、上にも書きましたように汗は基本的に水分ですから、これも細菌の繁殖を助けてしまいます。

 

皮膚の表面に住んでいる細菌の中には、黄色ブドウ球菌のような「悪玉菌」がいます。これが角質の栄養分を分解することによって生じる分泌物が、汗の匂いの原因なのです。

 

汗が増えれば水分が増加し、悪玉菌の繁殖が促進されますので、匂いの原因となる分泌物も増加してしまいます。

 

汗をかくと匂いが強くなるのはそのためです。

 

では、上記の服の匂いはなぜ生じるのかといえば、汗と一緒に角質や悪玉菌も付着してしまうからです。

 

それらが付着した状態で放置すると、服の中で悪玉菌が繁殖し、匂いの原因となる分泌物が生じるのです。この結果、服が匂うようになってしまうというわけです。

 

汗そのものに匂いの成分が含まれているわけではないのです。

 

匂いを抑えるために必要となる対策とは

「汗の匂い」とされるものを抑制するために考えられる方法は、汗を減らすことと皮膚を清潔に保つことです。これによって悪玉菌の数を減らすのが狙いです。

 

まず、汗を抑えるために有効なのは制汗剤です。

 

市販の制汗剤に含まれている塩化アルミニウムは、汗腺の出口をふさいでしまう働きがあります。汗が分泌されても出口がふさがれていれば表面に出てくることはありませんので、汗の量を減らすことができるというわけです。

 

ただ、この方法は汗を無理矢理止めてしまうという乱暴な方法でもあります。このため、汗腺内部に分泌された汗がたまってしまい、水ぶくれのようになってしまうことがあります。

 

また、塩化アルミニウムと汗が反応して塩酸を生成し、肌荒れの原因になってしまうこともあります。

 

制汗剤はあくまでも「一時しのぎ」にすぎません。

 

制汗剤に頼らないならば、汗をこまめに拭く必要があります。上にも書きましたように汗の匂いの原因は悪玉菌の繁殖ですが、匂いの原因となる物質が分泌されるようになるまでには多少、時間がかかります。

 

ならば、そうなる前に汗を拭いてしまえば、悪玉菌の繁殖が抑えられるというわけです。具体的には汗をかいて1〜2時間経過すると匂いが生じるとされています。

 

つまり、汗をかいたら1時間以内に拭いてしまえば、匂いを抑えられるというわけです。

 

角質対策としては、体を適度に洗うことが一番です。角質を減らせば悪玉菌の栄養分が減少するため、繁殖を抑えられるというわけです。

 

ただ、気を付けてほしいのはあくまでも「適度に洗う」ことが重要だということです。皮膚には悪玉菌だけではなく、悪玉菌を退治し、匂いを抑えてくれる善玉菌も存在していますが、洗いすぎるとこの善玉菌を減らす結果になります。

 

善玉菌の減少によって悪玉菌が増えやすくなり、匂いが強くなってしまうというわけです。

 

善玉菌への影響を抑えるためにも、洗いすぎには気を付けましょう。

 

わきがクリーム一押しランキング!おすすめ6商品を大公開!